トップページ > 大会結果 > 日産カップ争奪第38回神奈川県少年サッカー選手権大会

広告スペース

記事広告
トピックス
サッカーエンタメ最前線
FC東京 石川直宏選手から学ぶドリブル上達の極意
町クラブでもサッカーのうまい子は育てられる!
子どもがサッカーを嫌いになる日
クーバーコーチングサッカースクール
Football Channelは12月15日kick off!
ファンプラス×ジュニアサッカーを応援しよう!
サッカーで子どもの力をひきだす オトナのおきて10

全国の保護者、指導者から大人気の池上正さんの『サッカーで子どもの力をひきだす オトナのおきて10【DVD付き】』好評発売中!

FCバルセロナの人材獲得術と育成メソッドのすべて

世界最高峰の育成組織の核心に迫る『FCバルセロナの人材獲得術と育成メソッドのすべて』好評発売中!!

サッカーアルゼンチン流 個人スキルバイブル

ジュニサカでおなじみ亘崇詞さん監修! 『サッカーアルゼンチン流 個人スキルバイブル』絶賛発売中


ジュニアサッカー応援宣言
本サイトは、ジュニアサッカー(少年サッカー)の総合サイトです。最新サッカーニュース、クラブやサッカー少年団のチーム紹介、応援する人の疑問や悩みを解決するべくQ&Aのコミュニケーションなど、少年サッカー・少女サッカーに携わる、子供たちを温かい目で見守ってくれるお父さん、お母さん、献身的に指導する監督、コーチなど指導者……すべての人たちに役立つ情報をインターネットで提供し、みなさんとともにシーンを盛り上げていきたいと思います。
株式会社レッカ社/株式会社カンゼンが運営、情報提供をしております。All Rights Reserved.


メインコンテンツ

大会FOCUS

日産カップ争奪第38回神奈川県少年サッカー選手権大会

大会TOP / 大会結果(高学年の部 低学年の部) / 大会フォトギャラリー(低学年の部 高学年の部) / 会場案内
NEWS! 
神奈川県内の少年サッカーチームの頂点に立ったのは、低学年の部は横浜F・マリノスプライマリー、高学年の部は横浜F・マリノスプライマリー追浜!!

 2月12日(日)、「日産カップ争奪第38回神奈川県少年サッカー選手権大会 中央大会」は、横浜市港北区の日産スタジアムで決勝戦があり、低学年は横浜F・マリノスプライマリー、高学年は横浜F・マリノスプライマリー追浜がそれぞれ栄冠を手にした。


 過去最高となる894チーム(高学年461、低学年433)が出場した今大会。低学年の部の決勝戦は、横浜F・マリノスプライマリー(以下、プライマリー)と友愛SCJ(以下、友愛)の顔合わせとなった。序盤から優勢に試合を運んだプライマリーは、前半5分のフリーキックに2番・青木くんがヘッドで合わせて先制すると、ハーフタイム直前にもゴールを決める。その後もプライマリーの勢いは止まらず、後半3分と15分に得点を重ね、4−0で優勝を決めた。


 高学年の部の決勝戦は、横浜F・マリノスプライマリー追浜(以下、プライマリー追浜)とバディーサッカークラブ(以下、バディー)の対戦。立ち上がりから、両チームのどの選手も1対1の局面では積極的に勝負を仕掛けたため、めまぐるしい展開となったが、前半9分、プライマリー追浜が均衡を破った。コーナーキックのチャンスから、4番・鎌田くんがペナルティエリア内に放り込まれたボールに反応し、ゴールネットを揺らす。その後は再び一進一退の攻防が繰り広げられたが、バディーの猛攻に落ち着いた守りを見せたプライマリー追浜が1−0のまま逃げ切った。


 なお、決勝戦に先立って行われた3位決定戦では、低学年の部はSCHフットボールクラブがフトゥーロに1-1の末、PK戦(5−4)で勝利。高学年の部は横浜F・マリノスプライマリーが柳橋サッカークラブに4−0とし、それぞれ3位に輝いた。

 

(文・写真●山本浩之)

(12.02.13)

 

 

ジュニサカ携帯サイトも要チェック!
ジュニサカ携帯サイトでは、試合結果やフォトギャラリーなど続々掲載中!お気に入りの写真を無料でゲットできる『ジュニサカフォトギャラリー』もぜひご利用ください。右のQRコードから今すぐアクセスしよう!!

 

 

NEW!大会フォトギャラリー

■高学年の部はこちらから >>

■低学年の部はこちらから >>

NEW!大会結果

■高学年の部 >>

■低学年の部 >>

会場案内

会場案内はこちら >>


大会TOP / 大会結果(高学年の部 低学年の部) / 大会フォトギャラリー(低学年の部 高学年の部) / 会場案内