広告スペース

記事広告
トピックス
サッカーエンタメ最前線
春休み特集企画 親子で一緒にトレーニングしませんか?
100年続くスポーツクラブを作るために 今すぐ “法人格”を取得しよう!
亘崇詞コーチからの宿題コーナー
クーバーコーチングサッカースクール
Football Channelは12月15日kick off!
ファンプラス×ジュニアサッカーを応援しよう!
バルサ選手のジュニア時代

メッシ、イニエスタ、チャビなどバルサ選手の少年時代に迫った、息子たちの成功を陰で支えた親たちが語る知られざる家族の愛の物語。絶賛発売中!!

100年続くスポーツクラブを作るために 今すぐ “法人格”を取得しよう!

法人格を取得するメリット・デメリットから疑問や悩みまで、スポーツマネジメントの専門家である著者がわかりやすく丁寧に答えた一冊。好評発売中!

「眼・術・戦」ヤット流ゲームメイクの極意

日本サッカー界最高峰の“頭脳”を持つ、国内屈指のプレーメーカー・遠藤保仁選手が自身のプレービジョンやサッカー観、戦術理論について語った一冊


ジュニアサッカー応援宣言
本サイトは、ジュニアサッカー(少年サッカー)の総合サイトです。最新サッカーニュース、クラブやサッカー少年団のチーム紹介、応援する人の疑問や悩みを解決するべくQ&Aのコミュニケーションなど、少年サッカー・少女サッカーに携わる、子供たちを温かい目で見守ってくれるお父さん、お母さん、献身的に指導する監督、コーチなど指導者……すべての人たちに役立つ情報をインターネットで提供し、みなさんとともにシーンを盛り上げていきたいと思います。
株式会社レッカ社/株式会社カンゼンが運営、情報提供をしております。All Rights Reserved.


トップページ > 連載特集企画「動画で見れる やら・り〜の基礎サッカー講座」 > リフティング





<STEP2 片足ワンバウンドリフティング>



今回はワンバウンドでの片足リフティング練習を紹介します。ボールを地面に落としてワンバウンドさせ、利き足でボールを1回蹴ります。ボールがあらぬ方向に行かないよう、蹴りあげる高さは胸あたりを目安にして、インステップでミートする感覚を養いましょう。(インサイド、アウトサイドなども同様)腰を曲げずにヒザを柔らかくして、タッチできるようにしましょう。はじめは、その場で行えるよう練習し、慣れてくれば、前や後ろへ進んだり、左右にコントロールしてみたり、その場でワンバウンドリフティングしながら(円を描くように)1周する応用編にも挑戦してみましょう。


■コーチングアドバイス

・ただ、自由に「リフティングをしよう」と声をかけても、なかなかうまくできない子は、手にボールを抱えたまま戸惑ってしまう子も多いものです。まずは、指導者自らが手本を見せてあげてください。そこで、片足だけでボールを蹴る、リフティングをしながら前へ進むなどの条件をつけるようにしましょう。子どもたちは遊びながらボールの感覚をつかんでいきます。ただし、条件をつけすぎてはいけません。つけすぎると子どもたちが混乱してしまい、飽きてしまうことがあります。
・体がくの字になって、腰が曲がりながらリフティングをしている子がいたら、「ヒザを柔らかく使ってごらん」、「体をまっすぐにしてやってみよう」などの声かけをしましょう。

 


ボールを地面に落とし バウンドしたボールに タイミングを合わせてリフティング

 


■今回のポイント

・インステップでしっかりミートする感覚を養いましょう


・腰が曲がらないようしてください


・遊びながらボールに慣れましょう



一覧へ戻る



ジュニサカ賢人たちの連載企画

池上コーチの一語一得(いちご・いちえ)
動画で見れる やら・り〜の基礎サッカー講座
動画でわかる!トレーナーKOBAのストレッチ&マッサージ
おいしいご飯と栄養 まみや食堂

池上正さんが子どもに対する悩みや、保護者・コーチの子どもを取り巻く大人に関する疑問や悩みに答える「池上コーチの一語一得(いちご・いちえ)」

毎週火曜日更新予定

やら・り〜こと屋良充紀さんがサッカーに必要な基礎テクニックを動画や写真で解説します!「動画で見れる やら・り〜の基礎サッカー講座」

毎週水曜日更新予定

長友佑都選手の個人トレーナーである木場克己さんが教えるカラダのサポート「動画でわかる!トレーナーKOBAのストレッチ&マッサージ」

毎週木曜日更新予定

名古屋グランパス栄養アドバイザーである間宮裕子さんによるジュニア年代に必要な栄養を解説する「おいしいご飯と栄養 まみや食堂」

毎週金曜日更新予定