トップページ > 大会結果 > 第13回国際交流サッカー大会 U-12 前橋市長杯

広告スペース

記事広告
トピックス
サッカーエンタメ最前線
FC東京 石川直宏選手から学ぶドリブル上達の極意
町クラブでもサッカーのうまい子は育てられる!
子どもがサッカーを嫌いになる日
クーバーコーチングサッカースクール
Football Channelは12月15日kick off!
ファンプラス×ジュニアサッカーを応援しよう!
サッカーで子どもの力をひきだす オトナのおきて10

全国の保護者、指導者から大人気の池上正さんの『サッカーで子どもの力をひきだす オトナのおきて10【DVD付き】』好評発売中!

FCバルセロナの人材獲得術と育成メソッドのすべて

世界最高峰の育成組織の核心に迫る『FCバルセロナの人材獲得術と育成メソッドのすべて』好評発売中!!

サッカーアルゼンチン流 個人スキルバイブル

ジュニサカでおなじみ亘崇詞さん監修! 『サッカーアルゼンチン流 個人スキルバイブル』絶賛発売中


ジュニアサッカー応援宣言
本サイトは、ジュニアサッカー(少年サッカー)の総合サイトです。最新サッカーニュース、クラブやサッカー少年団のチーム紹介、応援する人の疑問や悩みを解決するべくQ&Aのコミュニケーションなど、少年サッカー・少女サッカーに携わる、子供たちを温かい目で見守ってくれるお父さん、お母さん、献身的に指導する監督、コーチなど指導者……すべての人たちに役立つ情報をインターネットで提供し、みなさんとともにシーンを盛り上げていきたいと思います。
株式会社レッカ社/株式会社カンゼンが運営、情報提供をしております。All Rights Reserved.


メインコンテンツ

大会FOCUS

第13回国際交流サッカー大会U−12前橋市長杯

NEWS! 

柏イーグルスTOR'82が優勝を果たす

 9月20日(日)から22日(火)にかけて、第13回国際交流サッカー大会U-12前橋市長杯が、前橋総合運動公園ほか群馬県前橋市内3会場で開催された。Jクラブや地元チームなどのほか、大会にはオーストラリアからトゥーンバグラッマスクール、セントメリーズカレッジの海外2チームが参加。合計24チームによって優勝が争われた。
 22日(火)に行われた決勝戦に駒を進めたのは、柏イーグルスTOR'82と横浜Fマリノスプライマリーの2チーム。先制ゴールを決めた、柏イーグルスTOR'82がその得点を守り抜き、見事に第13回大会優勝を果たした。
 今後、総合サイトでは決勝レポートや写真を随時掲載予定! お見逃しなく!(09.09.24)

 

試合の記憶が甦る!チームやお子さんをフォトギャラリーでチェック!!
携帯サイトでは、第13回国際交流サッカー大会U−12前橋市長杯のフォトギャラリーを随時公開予定!!

詳しくは、携帯公式サイト「Jrサッカーを応援しよう!」をチェック!!

右のQRコードから今すぐアクセスしよう!!
NEW!!チーム集合写真

第13回国際交流サッカー大会 U-12 前橋市長杯に出場した全チームの集合写真を掲載!


川崎フロンターレU−12
鹿島アントラーズつくば
横浜F・マリノスプライマリー追浜
横浜F・マリノスプライマリー
柏レイソルU−12
湘南ベルマーレJr
前橋市選抜
前橋荒子FC
図南SC前橋
杉野百草SS
三菱養和SC調布
江南南サッカー少年団
FCアビリスタ
ペーニャFCバルセロナ
柏イーグルスTOR'82
スクエア富山
名古屋FC
静岡トレセン
千里馬FC
アイリスFC住吉
EXE’90FC
在日朝鮮全国選抜
セントメリーズカレッジ
トゥーンバグラッマスクール
●写真提供:UNITED PHOTO PRESS
決勝レポート

決勝戦レポートはこちら >>

フォトギャラリー

2009.09.20 フォトギャラリー >>

2009.09.21 フォトギャラリー >>

2009.09.22 フォトギャラリー >>

大会要項

【趣旨・目的】
  サッカーを通じて国際交流、友好の輪を広げるため、12歳以下の小学生で編成された国内外の少年サッカーチームによる国際大会を開催します。
 海外からオーストラリアの2チーム、国内からは在日本朝鮮選抜を始め、Jリーグ傘下のジュニアや、市選抜チーム、そして地元前橋市から3チームの総勢24チームにより、試合を通して交流を深めます。また、参加外国チーム滞在中にはサッカーのほか、地域との交流を図るプログラムとして市長表敬訪問、ホームステイ、座禅などを行い、日本文化に触れて、さらなる親睦を深めてほしいと思っています。


【名称】
第13回国際交流サッカー大会U−12前橋市長杯


【主催】
国際交流サッカー大会U−12前橋市長杯実行委員会


【共催】
前橋市、(社)前橋青年会議所、在日本朝鮮群馬県青年商工会、在日本大韓民国民団群馬県地方本部、前橋市サッカー協会、(株)図南クラブ


【後援】
前橋市国際交流協会、朝日新聞前橋総局、毎日新聞社前橋支局、読売新聞前橋支局、上毛新聞社


【協賛】
支援各社 各団体


【協力】
前橋市教育委員会 群馬県立前橋商業高等学校サッカー部


【開催日時】
<大会第1日目>
平成21年9月20日(日)
開会式:午前9時〜、試合開始:午前10時

<大会第2日目>
平成21年9月21日(月)
試合開始:午前9時

<大会第3日目>
平成21年9月22日(火)
試合開始:午前9時、 閉会式:午後3時30分〜(予定)


【会場】
前橋総合運動公園(前橋市荒口町437-2)
大胡総合運動公園(前橋市堀越町473-4)
図南サッカーパーク野中(前橋市野中町447-1)
図南五代フィールド(前橋市五代町字桧嶺1289-3)


【参加チーム】
<外国チーム>
トゥーンバグラッマスクール、セントメリーズカレッジ(オーストラリア)

<日本国内>
在日本朝鮮選抜、千里馬FC、鹿島アントラーズFCつくば、柏レイソルU−12、柏イーグルスTOR´82、ペーニャFCバルセロナジャパン、江南南SS、FCアビリスタ、三菱養和SC調布、FC杉野百草SS、横浜F・マリノスプライマリー、横浜F・マリノスプライマリー追浜、湘南ベルマーレ、川崎フロンターレU−12、名古屋FC、静岡市トレセン、SQUARE富山FC、EXE´90FC、アイリスFC住吉、前橋荒子FC、図南SC前橋、前橋市選抜


【参加資格】
・日本サッカー協会第4種に登録されたチーム、及び合同チーム。
・参加外国チームは、オーバーエイジでも参加可能とする。


【参加条件】
参加者全員スポーツ傷害保険に加入していること。


【選手の登録】
・別紙エントリー表に記入して申し込む。怪我などで選手が入れ替わることも含めて、参加予定者の氏名を記入しておくこと。
・試合時にメンバー表提出は行わない。


【試合方法】
1次リーグ⇒2次リーグ⇒順位決定戦


【競技規則】
・日本サッカー協会競技規則による。
・交代は自由。再出場可能。
・11人制で行う。


【試合時間】
1次・2次リーグ、ブロック順位決定戦、決勝トーナメント:30分(15−5−15)
3位決定戦・決勝戦:40分(20−5−20)


【審判】
参加チームの帯同審判は不要。


【表彰】

<団体>
優勝:トロフィー、賞状
準優勝:トロフィー、賞状
第3位:トロフィー、賞状
第4位:盾、賞状

<個人>
最優秀選手賞1名:カップ、賞状


【海外参加チーム滞在期間と参加行事】
日程:9月17日(木)から9月24日(木)まで。
宿泊先:選手 大会参加の前橋チームの家庭へホームステイ
引率:市内研修所や旅館
参加行事:前橋市長表敬訪問、座禅、県内散策