トップページ > チーム紹介:チーム練習メニュー動画 > 第53回(杉並シーダーズサッカー少年団)

広告スペース

記事広告
トピックス
サッカーエンタメ最前線
春休み特集企画 親子で一緒にトレーニングしませんか?
100年続くスポーツクラブを作るために 今すぐ “法人格”を取得しよう!
亘崇詞コーチからの宿題コーナー
クーバーコーチングサッカースクール
Football Channelは12月15日kick off!
ファンプラス×ジュニアサッカーを応援しよう!
バルサ選手のジュニア時代

メッシ、イニエスタ、チャビなどバルサ選手の少年時代に迫った、息子たちの成功を陰で支えた親たちが語る知られざる家族の愛の物語。絶賛発売中!!

100年続くスポーツクラブを作るために 今すぐ “法人格”を取得しよう!

法人格を取得するメリット・デメリットから疑問や悩みまで、スポーツマネジメントの専門家である著者がわかりやすく丁寧に答えた一冊。好評発売中!

「眼・術・戦」ヤット流ゲームメイクの極意

日本サッカー界最高峰の“頭脳”を持つ、国内屈指のプレーメーカー・遠藤保仁選手が自身のプレービジョンやサッカー観、戦術理論について語った一冊


ジュニアサッカー応援宣言
本サイトは、ジュニアサッカー(少年サッカー)の総合サイトです。最新サッカーニュース、クラブやサッカー少年団のチーム紹介、応援する人の疑問や悩みを解決するべくQ&Aのコミュニケーションなど、少年サッカー・少女サッカーに携わる、子供たちを温かい目で見守ってくれるお父さん、お母さん、献身的に指導する監督、コーチなど指導者……すべての人たちに役立つ情報をインターネットで提供し、みなさんとともにシーンを盛り上げていきたいと思います。
株式会社レッカ社/株式会社カンゼンが運営、情報提供をしております。All Rights Reserved.


Pick Up! ジュニアサッカーチーム



第53回(杉並シーダーズサッカー少年団)

杉並シーダーズサッカー少年団たくさんのサッカー小僧は“4つの力”で生みだす

今回は、杉並シーダーズサッカースポーツ少年団(東京都杉並区)の6年生の練習にお邪魔して、監督の三木健一郎さんにお話を伺いました。




「杉並シーダーズサッカー少年団」ってどんなチームですか?
東京都杉並区で活動している20年以上の歴史があるサッカー少年団です。現在、幼児(年中)から小学6年生までの135名が在籍しています。練習は善福寺川緑地公園内の広場を中心として、基本的には週3回おこなっています。大会前には週4回になることもあります。平日2回で、あとは土日・祝日といった感じです。指導者は10名ほどいますが、ほとんどがチームのOBです。20代の若いコーチも教えています。

チーム作りで大切にしていることは何ですか?
“4つの力”を育てたいと思っています。それは、“考える力”、“技術力”、“心の力”、そして“言葉の力”です。まず、考える力ですが、「気づく・感じる・考える・判断する」という自分で答えを導くことのできる力です。技術力は、「走る・奪う・止める・見る」などのトレーニングです。心の力というのは、「努力・頑張る・負けず嫌い」の精神的な部分を養うということです。言葉の力は、「和・声」といったことで、自分の意思を相手に伝えること、つまりコミュニケーション能力のことです。こういったことを大切にしていますね。

今日の練習中に腕の使い方によるディフェンスのブロックについての指導がありましたが、ファールになる、ならない、ということも含めて、腕の使い方の指導は難しいと思いますが。
相手を傷つけるとか、ファールということではなくて、腕と腰も含めて身体をいかに有効に活用することができるかということは重要なことです。腕はセンサーやバリアーだと思うんですね。できるだけ腕を広げてブロックをする。腕だけでなく身体の側面を使うとか、腕と背中をうまく使うことを指導しています。

子どもによって、練習方法の理解度が異なり、狙い通りの練習にならなかったり、練習の流れがとまったり……ということはありませんか?
ありますね。例えば、パスを繋ぎたいところにトラップの苦手な子がいると、パスの流れがとまってしまいます。そのような場合はコーチが入って、やさしいボールをだしてあげて、その子が慌てずにプレーできるようにしています。それによって練習の流れを作ることのフォローにもなります。

今の時期、6年生は全日本少年サッカー大会の予選の真っ最中ですが、低学年から、試合が段々とサッカーらしくなっていくためのステップとして、ポジションについての指導はどうでしょうか?
3年生までは指導していません。4年生になるとチーム作りが始まるので、そこで初めてポジションというものを教える形になりますね。特にディフェンスをしっかりと指導して、ボールの流れを作ろうということを、ゲームのなかで教えようと思っています。作戦板に書いたりすることもあるんですけれども、やっぱり実際に体験したことのほうが、頭の中にイメージとして残りやすいんだと感じます。だから、実戦を重ねることによって、身につけていってほしいです。

最後にジュニアサッカーについて、三木監督の夢、目標を聞かせてください。
サッカーを手段として、人間として大事なことを教えてあげられたらいいなと思っています。そして、サッカー小僧をたくさん作りたいというのがすごくあるんですよね。ひまな時間さえあれば、仲間を誘ってボールを蹴ったり、試合を観に行ったり、とにかくサッカーが大好きだという子どもたち。そんな子どもをたくさん育てたいですね。
去年の全国高校サッカー選手権の開幕戦に、シーダーズのOBの子がレギュラーで出場したんですね。わたしは子どもたちと国立競技場のスタンドまで応援しに行ったんですが、彼のプレイスタイルが、昔とまったく同じだったんです。シーダーズでのサッカー経験が活きているということを、すごく感じましたね。わたしたちのやっていることが間違いではなかったんだと自信になりましたし、彼の成長がとても嬉しかった。うちのチームの子どもたちにとっても、励ましになったと思います。



「マーカーを使ったステップワーク」

細かい滑らかなステップを目指しましょう。ボールコントロール、ランニング、フェイント時のボディバランス向上に繋がります。


「人のあいだを抜けるステップワーク」

前の人と約2mの間隔をキープします。あいだを抜けるときは、重心を低く、潜る様なイメージで。片足ケンケンの時は、地面についていない足で空気を蹴るようにして進みましょう。


「ドリブルによるステップワーク」

細かいボールタッチで左右の足を使います。ただジグザグにすり抜けていくのではなく、横から縦へと進むようにしましょう。

編集部コメント
練習場所の善福寺川緑地公園は、グラウンドというより広場でした。ゴールもフェンスもありません。そのため、シュートやロングキックなどの足を思い切り振り切るような練習をすることはできません。
そんな練習環境でも、昨年度は全日本少年サッカー選手権の東京都大会ベスト8という実績を誇ります。
練習内容が制限されるなか、試合で結果をだせるということは、指導者の高い指導力、そして子どもたちのサッカーに対する熱意あってのものでしょう。今年の全少ではどんな活躍ができるのでしょうか。思いっきり足を振り抜いて放ったシュートシーンが見られるのか気になるところです。
(ライター 山本浩之)




ここで紹介する全国のキッズ・ジュニア・ジュニアユース・女子チームを募集しています。
投稿はこちら