トップページ > チーム紹介:チーム練習メニュー動画 > 第65回(入船少年サッカークラブ)

広告スペース

記事広告
トピックス
サッカーエンタメ最前線
春休み特集企画 親子で一緒にトレーニングしませんか?
100年続くスポーツクラブを作るために 今すぐ “法人格”を取得しよう!
亘崇詞コーチからの宿題コーナー
クーバーコーチングサッカースクール
Football Channelは12月15日kick off!
ファンプラス×ジュニアサッカーを応援しよう!
バルサ選手のジュニア時代

メッシ、イニエスタ、チャビなどバルサ選手の少年時代に迫った、息子たちの成功を陰で支えた親たちが語る知られざる家族の愛の物語。絶賛発売中!!

100年続くスポーツクラブを作るために 今すぐ “法人格”を取得しよう!

法人格を取得するメリット・デメリットから疑問や悩みまで、スポーツマネジメントの専門家である著者がわかりやすく丁寧に答えた一冊。好評発売中!

「眼・術・戦」ヤット流ゲームメイクの極意

日本サッカー界最高峰の“頭脳”を持つ、国内屈指のプレーメーカー・遠藤保仁選手が自身のプレービジョンやサッカー観、戦術理論について語った一冊


ジュニアサッカー応援宣言
本サイトは、ジュニアサッカー(少年サッカー)の総合サイトです。最新サッカーニュース、クラブやサッカー少年団のチーム紹介、応援する人の疑問や悩みを解決するべくQ&Aのコミュニケーションなど、少年サッカー・少女サッカーに携わる、子供たちを温かい目で見守ってくれるお父さん、お母さん、献身的に指導する監督、コーチなど指導者……すべての人たちに役立つ情報をインターネットで提供し、みなさんとともにシーンを盛り上げていきたいと思います。
株式会社レッカ社/株式会社カンゼンが運営、情報提供をしております。All Rights Reserved.


Pick Up! ジュニアサッカーチーム



第65回「入船少年サッカークラブ」

子ども、指導者、保護者が一体感をもってサッカーに取り組む

今回は日本代表のストライカーとして活躍する玉田圭司選手(名古屋グランパス)が小学生時代を過ごした、入船少年サッカークラブ(千葉県浦安市)の1年生・2年生・4年生の練習にお邪魔して、チーム副代表の清水俊太郎さんにお話を伺いました。



「入船少年サッカークラブって」ってどんなチームですか?
 設立は1980年のことですので、来年で創設30周年を迎えます。浦安市では一番古いクラブになります。現在、練習場所となっている入船南小学校を中心に、近隣の小学校からの児童も含めた97名が、毎週日曜日、そして第2と第4の土曜日に活動しています。コーチ陣は在籍している38名すべてが、お父さんコーチとOBコーチで構成されています。ひと学年15名前後の子どもたちを4から6名のコーチで指導しています。お父さんコーチのなかには、学生時代に野球やバスケットなどのスポーツを経験している方もいますので、他種目で培ったものをサッカーに取り入れた指導方法も実践しています。一方で、自分の子どもの卒団を経験しているOBコーチは、自身の指導経験からのアドバイスや、このクラブで代々受け継がれてきた練習方法を知っているので頼もしい存在です。このように、様々なバックグラウンドを柔軟に融合させることによって、独自のチームスタイルを作り上げることができるのではと思っています。

チームの指導方針を教えてください。
 入船サッカーは、子どもたちだけではなく、お父さん、お母さんも含めて、みんなでサッカーを楽しむということに主眼を置いています。技術的な面としては、低学年ではサッカーの楽しさと基礎練習とのバランスを重視し、学年があがってくるにしたがって、一人ひとりが積極的に仕掛けていくサッカーをできるようにと指導していきます。たとえば、パスを繋ぐためのインサイドキックよりも、ゴールを狙うために強いシュートの撃てるインステップキックの技術習得などです。相手チームから、「あの選手にボールをもたれると怖い」と思われるような選手を育てていきたいですね。

ジュニアサッカーの指導で難しいと感じたところはありますか?
 いかにやる気を引きだすかというところですね。とくに低学年のうちは、とても飽きやすいので、常に新鮮な気持ちで練習に取り組んでもらえるようなプログラムを捻りださなければなりません。そのアイデアづくりが難しいというか、悩んでいるところです。

この地域にはどういった特色がありますか?
 サッカーの盛んな地域がひしめく千葉県のなかにあっても、浦安といえば東京のベッドタウンだとか東京ディズニーリゾートといったイメージのほうが強いでしょうね。あるとき、県内に遠征に行ったときの話しなんですが「浦安のサッカーは、お上品ですね」と言われたんです。もちろん、わたしはそんなこと思ったこともなかったので、ちょっと意外だったのですが、もしかしたら浦安市の特色が影響しているのかもしれませんね(笑)

少子化の影響はありますか?
 われわれの活動する入船地区は、すでに子育てがひと段落している世帯が多く、年々少子化の傾向にあります。そこで、昨年から幼稚園児を対象とした親子参加型のサッカー体験プログラムを企画したり、年数回ですが、近隣の幼稚園が実施している「サッカーで遊ぼう!」という催しに、当チームのスタッフを派遣して、サッカーの普及活動をおこなっています。幼稚園のときからボールとふれあって、サッカーを身近に感じてくれれば、小学生になって入団してくれるのではと期待しています。

指導者としての目標を教えてください。
 ついこのあいだ、還暦を迎えたコーチがいまして、クラブからのお祝いとして、赤いちゃんちゃんこならぬ、赤いジャージをプレゼントしました。そのコーチは、今も現役で指導しています。浦安のシニアリーグなどをみても、50や60歳になった少年サッカーのコーチが元気にプレーをしているんですね。そういった先輩方の姿をみて、40代のわたしはまだまだ負けられないし、いつまでもそうありたいなと思いました。


うちのチームのオススメ練習メニュー

4年生の1対1から2対2(方向とスペースの意識づけ)

 1対1では突破するための方向を意識させながら点数を取り合います。横のラインにボールを止めたら1点。縦のラインなら2点とします。2対2のときは縦長のコートをつくります。ディフェンスの裏のスペースにスルーパスを狙う練習です。子どもたちが自主的に考えるように練習をさせています。

2年生のドリブル競争

 コーン、マーカー、ポールなどを使って、個人で仕掛けるときに必要なステップワークを磨きます。飽きさせないために、ひとりずつではなく競争するようにします。

1年生のシュート練習

 チームの目標である「どんとんチャレンジしてゴールを狙う」ための練習です。インステップでしっかりと蹴りましょう。ゴールキーパー役のコーチはボールを前にはじいたりもします。このことによって、ゴール前につめるという動作を習慣づけさせます。


編集部コメント
 取材は祝日の午前中でしたが、わたしたちが到着したころには、すでに何人かのコーチ、役員のお母さんが、てきぱきと自分の役割をこなしていました。平日は朝から晩まで仕事をして、土日はグラウンドを駆け回るお父さんたち。年中無休で家事をこなすお母さんたち。けれども、「疲れませんか?」とか「休みの日まで大変ですね」なんて愚問なんでしょうね。「子どもたちとサッカーをするのが好きなんです!」って、その表情が物語っていました。コーチの皆さん、赤ジャージが似合うその日が過ぎても、いつまでもサッカーを楽しんでくださいね。

(文● 山本 浩之)



ここで紹介する全国のキッズ・ジュニア・ジュニアユース・女子チームを募集しています。
投稿はこちら