広告スペース

記事広告
トピックス
サッカーエンタメ最前線
春休み特集企画 親子で一緒にトレーニングしませんか?
100年続くスポーツクラブを作るために 今すぐ “法人格”を取得しよう!
亘崇詞コーチからの宿題コーナー
クーバーコーチングサッカースクール
Football Channelは12月15日kick off!
ファンプラス×ジュニアサッカーを応援しよう!
バルサ選手のジュニア時代

メッシ、イニエスタ、チャビなどバルサ選手の少年時代に迫った、息子たちの成功を陰で支えた親たちが語る知られざる家族の愛の物語。絶賛発売中!!

100年続くスポーツクラブを作るために 今すぐ “法人格”を取得しよう!

法人格を取得するメリット・デメリットから疑問や悩みまで、スポーツマネジメントの専門家である著者がわかりやすく丁寧に答えた一冊。好評発売中!

「眼・術・戦」ヤット流ゲームメイクの極意

日本サッカー界最高峰の“頭脳”を持つ、国内屈指のプレーメーカー・遠藤保仁選手が自身のプレービジョンやサッカー観、戦術理論について語った一冊


ジュニアサッカー応援宣言
本サイトは、ジュニアサッカー(少年サッカー)の総合サイトです。最新サッカーニュース、クラブやサッカー少年団のチーム紹介、応援する人の疑問や悩みを解決するべくQ&Aのコミュニケーションなど、少年サッカー・少女サッカーに携わる、子供たちを温かい目で見守ってくれるお父さん、お母さん、献身的に指導する監督、コーチなど指導者……すべての人たちに役立つ情報をインターネットで提供し、みなさんとともにシーンを盛り上げていきたいと思います。
株式会社レッカ社/株式会社カンゼンが運営、情報提供をしております。All Rights Reserved.


Pick Up! ジュニアサッカーチーム



第77回「江東FC」

ひとつの得意技が自信へと繋がる

 今回は東京都江東区で活動する江東FCの練習にお邪魔して、4年生チームを指導する田村純一コーチにお話を伺いました。



「江東FC」ってどんなチームですか?
 江東FCは、FC城東とFC東陽からの選抜チームとして組織されています。普段は、それぞれが所属しているチームで活動をし、東京都サッカー連盟が主催している大会では、江東FCという選抜チームに集まり、第2ブロック(江東区、葛飾区、江戸川区)から出場しています。メンバーは両チームから選ばれた16名で構成されています。選考会を開催するのではなく、その時々の優秀選手をセレクトすることで、子どもたちが切磋琢磨するようにしています。

なぜ、選抜チームという運営形態をとっているのですか?
 江東FCはもともと単独のチームで、1981年に設立された江東区では最も歴史の古いチーム。現在の江東FCは、FC城東とFC東陽からの選抜チームとして活動しています。選抜チームとなった経緯として、この界隈でのマンションの建設ラッシュがあります。児童数も増加し、近隣に小学校も新設され、その結果、江東FCの団員も500名規模に膨れ上がりました。これだけ大所帯になると、今度は人数制限のある公式戦に出場できない子どももいます。そこで、子どもたちの通学する小学校ごとに、それぞれが独立したサッカーチームを設立し、江東FCは選抜チームとして存続することになったのです。

江東FCの指導方針を教えてください。
 練習では、「遊ぶときは遊んで、集中するときは集中する!」という方針です。2時間以上もの練習時間のあいだ、ずっと集中してサッカーに取り組むことは困難です。例えば、順番待ちをしている時に「チームメートのプレーを見ていろ!」と無理強いをしないのは、常に緊張感ばかりあっては、自分の出番の頃には疲弊してしまうからです。自分のやらなければならない「ここぞ、というときに集中力が発揮できること」が重要だと考えています。
  試合については、たくさん経験して、勝利に拘って欲しいと思っています。私自身も、子どもの頃からサッカーをやっていたのですが、当時所属していたチームは負けたという記憶のないくらい強いチームでした。そのときに「勝つことって、楽しいことなんだ!」とサッカーの試合に勝つことによって得られる喜びを体感することができました。その思いを江東FCの子どもたちにも味わってもらいたいですね。

4年生といえば、低学年から高学年へと移り変わっていく学年ですが、指導していて感じることはありますか?
 3年生までは、遊びの延長のように、みんなでわいわいと楽しくサッカーをやっていても、4年生になると、子どもたちにレベルの差がでてきます。ある一部の子どもたちだけが、凄く伸びてくるのです。なぜかというと、その子たちは「サッカーがうまくなりたい!」という気持ちから、チームの練習がある土日以外にも、放課後の遊び時間を使って練習に取り組むようになるからです。この時期から自主性が芽生えてくるようです。

ジュニア年代のサッカーでは、長所を伸ばすことと短所を改めること、どちらが大切なのでしょうか?
 「苦手なことと得意なことのどちらを練習するべきか?」と迷っているとしたら、得意なことに磨きをかけてもらいたいと思っています。例えば、トラップは上手くないけれどヘディングの強い選手ならば、ヘディングを強化したほうが試合で活躍することができます。ヘディングが武器になるからです。得意技を身につけたことは自信となって、苦手なことに立ち向かう勇気をも身につけさせてくれることでしょう。

これからの目標を教えてください。
 江東FCとしては、第2ブロックの予選を勝ち上がって、東京都の中央大会への出場を目指します。個人的には、トレセンのコーチをやってみたいですね。試合をたくさん視察して、例えテクニックは荒削りでも、実戦を戦い抜くことのできる試合勘のある選手を発掘してみたいですね。

うちのチームのオススメ練習メニュー

「ヘディングは、やわらかボールでジャストミート!!」

やわらかいゴムボールは顔にあたっても痛くありません。ヘディングの恐怖感を取り除いて、ジャストミートすることができるようになる練習です。


「往復ランニングシュート」

 2つのコーン間を往復し、出されるボールを次々にシュートしていきます。動き続けた後にも、正確にキックをミートできるようにしてみましょう!

「ドリブラー決定戦」

 2〜4人を1グループとして、コーチが出すボールに追いつき、ゴールに入れた人が勝ちの対人ゲーム。ボールを持ったドリブラー以外は全員敵になります。

編集部コメント
 江東FCのユニークな練習方法は、田村コーチが高校サッカー部時代に経験した「自主管理サッカー」という、自分たちで練習を考えるスタイルから培われているそうです。「どうせ練習をするのなら楽しくやろう!」という信念で、当時副キャプテンだった田村コーチは、日々色々な練習方法を編みだしたそうです。これらの練習の成果は、練習終盤のミニゲームで確認することができました。しっかりとヘッドアップをして周りの見えたプレーをしていた子どもたちの姿が目立っていたのです。カラー鉢巻をビブスの代わりに使った練習の効能なのでしょうね。一見、奇抜に思える練習方法も体感した子どもたちが指導者になったときに、新スタンダードとなって次世代の子どもたちへと受け継がれていくことでしょう。

(文・写真●山本 浩之)



ここで紹介する全国のキッズ・ジュニア・ジュニアユース・女子チームを募集しています。
投稿はこちら