広告スペース

記事広告
トピックス
サッカーエンタメ最前線
春休み特集企画 親子で一緒にトレーニングしませんか?
100年続くスポーツクラブを作るために 今すぐ “法人格”を取得しよう!
亘崇詞コーチからの宿題コーナー
クーバーコーチングサッカースクール
Football Channelは12月15日kick off!
ファンプラス×ジュニアサッカーを応援しよう!
バルサ選手のジュニア時代

メッシ、イニエスタ、チャビなどバルサ選手の少年時代に迫った、息子たちの成功を陰で支えた親たちが語る知られざる家族の愛の物語。絶賛発売中!!

100年続くスポーツクラブを作るために 今すぐ “法人格”を取得しよう!

法人格を取得するメリット・デメリットから疑問や悩みまで、スポーツマネジメントの専門家である著者がわかりやすく丁寧に答えた一冊。好評発売中!

「眼・術・戦」ヤット流ゲームメイクの極意

日本サッカー界最高峰の“頭脳”を持つ、国内屈指のプレーメーカー・遠藤保仁選手が自身のプレービジョンやサッカー観、戦術理論について語った一冊


ジュニアサッカー応援宣言
本サイトは、ジュニアサッカー(少年サッカー)の総合サイトです。最新サッカーニュース、クラブやサッカー少年団のチーム紹介、応援する人の疑問や悩みを解決するべくQ&Aのコミュニケーションなど、少年サッカー・少女サッカーに携わる、子供たちを温かい目で見守ってくれるお父さん、お母さん、献身的に指導する監督、コーチなど指導者……すべての人たちに役立つ情報をインターネットで提供し、みなさんとともにシーンを盛り上げていきたいと思います。
株式会社レッカ社/株式会社カンゼンが運営、情報提供をしております。All Rights Reserved.


Pick Up! ジュニアサッカーチーム



第86回 ジェダリスタ高崎

群馬から世界に通用する選手を

今回は群馬県高崎市を拠点に活動するジェダリスタ高崎の練習にお邪魔して、代表の木村さんにお話をお伺いしました。




  (写真をクリックすると拡大します)

「ジェダリスタ高崎」ってどんなチームですか?
 群馬県からプロのサッカー選手や世界に通用する選手の育成を目的に、2011年8月にクラブを創設し、同年10月に県の協会に正式に承認がおりました。ですから、まだ半年ばかりの新米クラブですが、高崎市を中心に小学1〜5年生まで29名の子どもたちが活動しています。週4回、近隣の小学校や中学校のグランドを借りて、練習を行っています。

チームのコンセプトを教えてください。
 これからの日本サッカーを子どもたちが担っていけるよう、個の育成と基本技術の習得を大切に、下の学年から一貫して指導を行っています。サッカーは、判断が求められるスポーツなので、特に判断力を養うトレーニングを取り入れています。また狭い中での技術を身につけるのに効果的なフットサルの練習にも取り組んでいます。現役でフットサルをプレーしているコーチたちが自身の経験を伝えながら指導にあたっています。

トレーニングの際にはどんなことに気をつけながら指導していますか?
 先ほどもいったように、この年代で大切なのは、判断する力。だから練習や試合では、僕たち指導者は子どもたちが自分たちで判断してプレーができるよう、あまりコーチングはしません。時には、「今の場面はこういった選択肢もあったんじゃない?」などいうことはありますが、なるべく子どもたちの判断を尊重したいと思っています。

クラブ創設から間もないですが、指導するうえで難しい点などありますか?
 ジュニア年代にはいろいろな個性を持った子どもたちがいます。その子どもたちの武器となる個性をチームにどう生かしていくかが、悩ましいところですね。あとは、クラブに入っている子たちすべてがサッカーを楽しんでくれれば御の字ですが、気持ちの乗らない子もたまに出てきます。そういった子たちの気持ちをどうやってのせていくか。日々勉強という感じです。

チームの今後の目標を教えてください。
 公式戦初勝利です。先日出場した新人戦は3年生(新4年生)がメインのチームだったので、勝利をあげることなく敗退しました。まずは公式戦での勝利を目指してがんばります。あとは、最初にも話しましたように、群馬県からプロのサッカー選手や世界に通用する選手の育成ができればと思います。



うちのチームのオススメ練習メニュー

「2vs1、3vs2アクション」

 数的優位の状態での対人練習。ワンツーを使って抜く方法やサポートする選手のオーバーラップを使って抜く方法などにチャレンジ。ボールを持っている人も持っていないも、それぞれが判断を要するトレーニング。味方同士の声かけも大切になってきます。


「3vs3+フリーマン」

 3vs3に分かれて、パスゲームを行います。両方のエンドラインにフリーマンをひとり配置。フリーマンはパスを受けたチームの選手にボールを出すことができます。最終的にフリーマンにつないだボールがうまく味方につながれば終了。個での打開はもちろん、2人目や3人目の動きも大切になってきます。フリーマンへの縦パスも意識してトレーニングします。

編集部コメント
 創設から1年も満たないクラブの取材。ひと学年に11人がいることはなく、選手の人数はまだまだこれからといったチームでしたが、近隣にある図南フットサルコート高崎(高崎市)やヴェルディフットサルコート(藤岡市)などでフットサルのトレーニングも行っており、サッカーの技術に関していえば、いい意味で初々しさを感じさせない子どもたちであふれていました。
  公式戦初勝利が目標のジェダリスタ高崎さん。勝利はチームに勢いをもたらすもの。ぜひ公式戦初勝利を目指してもらいたいです。


(取材・文・写真●ジュニサカ編集部 吉村)


ここで紹介する全国のキッズ・ジュニア・ジュニアユース・女子チームを募集しています。
投稿はこちら