広告スペース

記事広告
トピックス
サッカーエンタメ最前線
春休み特集企画 親子で一緒にトレーニングしませんか?
100年続くスポーツクラブを作るために 今すぐ “法人格”を取得しよう!
亘崇詞コーチからの宿題コーナー
クーバーコーチングサッカースクール
Football Channelは12月15日kick off!
ファンプラス×ジュニアサッカーを応援しよう!
バルサ選手のジュニア時代

メッシ、イニエスタ、チャビなどバルサ選手の少年時代に迫った、息子たちの成功を陰で支えた親たちが語る知られざる家族の愛の物語。絶賛発売中!!

100年続くスポーツクラブを作るために 今すぐ “法人格”を取得しよう!

法人格を取得するメリット・デメリットから疑問や悩みまで、スポーツマネジメントの専門家である著者がわかりやすく丁寧に答えた一冊。好評発売中!

「眼・術・戦」ヤット流ゲームメイクの極意

日本サッカー界最高峰の“頭脳”を持つ、国内屈指のプレーメーカー・遠藤保仁選手が自身のプレービジョンやサッカー観、戦術理論について語った一冊


ジュニアサッカー応援宣言
本サイトは、ジュニアサッカー(少年サッカー)の総合サイトです。最新サッカーニュース、クラブやサッカー少年団のチーム紹介、応援する人の疑問や悩みを解決するべくQ&Aのコミュニケーションなど、少年サッカー・少女サッカーに携わる、子供たちを温かい目で見守ってくれるお父さん、お母さん、献身的に指導する監督、コーチなど指導者……すべての人たちに役立つ情報をインターネットで提供し、みなさんとともにシーンを盛り上げていきたいと思います。
株式会社レッカ社/株式会社カンゼンが運営、情報提供をしております。All Rights Reserved.


Pick Up! ジュニアサッカーチーム



第87回 FCクレアティーボ

子どもたちの選択肢を広げ、人の和を広げるクラブチーム

今回は茨城県小美玉市を拠点に活動するFCクレアティーボの練習にお邪魔して、代表の久米さんにお話をお伺いしました。




  (写真をクリックすると拡大します)

「FCクレアティーボ」ってどんなチームですか?
 小美玉市内初めてのクラブチームとして活動をしています。もともとは、サッカースクールとして、2008年度から活動をしていました。小美玉市では、クラブチームというのがないため、ひとつ地区にクラブチームがあるだけで、子どもたちの選択肢が増えるのではないかと思い、2012年度からクラブチームとしても活動をスタートすることしました。現在は、新5年生を中心に約40名の子どもたちが在籍しています。

チームの指導方針を教えてください。
 「個の育成」を根底のもと、しっかりと技術を子どもたちに身につけさせられたらと考えています。その中でも、自分たちが目指すものは「ボールを大事にしたい」ということ。苦しい場面のとき、安易にコートの外へクリアをして危機を回避するのではなく、どんな状況でもコートに出さず、自分たちのボールにして攻撃につなげるといったボールの大切さを指導しています。ジュニア年代では、「止める」「蹴る」「運ぶ」っていう部分を確実に身につけ、ジュニアユースに送り出せればと考えています。

指導するにあたって難しいと感じるところはありますか?
 このチームには、初めてサッカーをする子どももいれば、経験者の子どももいるので、全体的にチームのレベルを上げるためには、どう指導するればいいか悩みどころです。そのため練習では、どこを目標に練習しているのかを、一つひとつ子どもたちに確認させながら行っています。

指導しているなかで、大切なこととはなんですか?
 自分の考えをしっかり持ってプレーしてほしいことですね。コーチの言うとおりにプレーをするのではなく、子どもたちには自分の考えでやってほしい。ただ、判断基準として、何が正しくて、何が正しくないのかは、私だったりコーチが教えて、最終的に決めるのは子どもたちに任せたいです。

今後のチームの目標を教えて下さい。
 将来は、いろいろなカテゴリーを作り、子どもたちの選択肢をひとつでも多く増やせていければと思っています。また、クレアティーボで巣立っていった子どもが、チームに帰ってきて、指導したりとチームに携わってもらって、人とのつながりが続いていけばと思っています。このチームが小美玉市に永遠に根づいてくれるといいですね。



うちのチームのオススメ練習メニュー

「2人1組のコンビネーションウォーミングアップ」

 マーカーで作られたグリッド内でのウォーミングアップメニュー。2人1組になり背走、サイドステップ、ジグザクランニング、インアウトタッチ&ラン、ボディコンタクトなどを行います。メニューを行う際には、隣の人と動きを意識して合わせるようにしましょう。


「判断力と正確性を磨くボールコントロール&対面パス」

 不規則に並べられたマーカーに触れないようドリブルをします。このときにボールばかりを見ると、マーカーや人にぶつかってしまうので、視野を広げてドリブルすることを意識します。
  対面パスでは、スタートラインより前にあるマーカーでボールを受け止めてから対面にいる人へパスを出します。どこでボールを受ければすぐにパスが出せるかを考えて練習をします。

「ランダム対人プレー」

 両サイドにゴールを置いての対人プレー。コーチの合図で選手たちは各コーナーから外を回り、中央に入れられたボールを奪い合います。そこから1対1がスタート。はじめは1対1、2対2を行い、慣れてきたら、ランダムで行う対人練習に切り替えます。コーチは指で人数(1人or2人)を指定し、その合図に合わせて選手たちは反応しなければなりません。いかにボールへ早くたどり着くか、自分はオフェンスになるのかディフェンスになるのかなどを瞬間で判断する力と状況を把握する力を必要とします。

編集部コメント
 取材時は、あいにくの天気でしたが、そんな天気にも負けないくらい元気いっぱいにボールを追いかけている子どもたちの姿は、とても印象的でした。また、練習時に監督やコーチたちに子どもたちが自分の考えを述べ、それを練習へと反映していく姿は、自立心を育むばかりか、発想を豊かにしているように見えました。そして、子どもたちの考えの良し悪しといった判断基準やサッカー環境の選択肢を広げるといったことをしている監督やコーチがいて、思いやりが溢れているチームだと思いました。地域初のクラブチーム、これからの活躍に期待しています。


(取材●ジュニサカ編集部 吉村、工藤)


ここで紹介する全国のキッズ・ジュニア・ジュニアユース・女子チームを募集しています。
投稿はこちら