広告スペース

記事広告
トピックス
サッカーエンタメ最前線
春休み特集企画 親子で一緒にトレーニングしませんか?
100年続くスポーツクラブを作るために 今すぐ “法人格”を取得しよう!
亘崇詞コーチからの宿題コーナー
クーバーコーチングサッカースクール
Football Channelは12月15日kick off!
ファンプラス×ジュニアサッカーを応援しよう!
バルサ選手のジュニア時代

メッシ、イニエスタ、チャビなどバルサ選手の少年時代に迫った、息子たちの成功を陰で支えた親たちが語る知られざる家族の愛の物語。絶賛発売中!!

100年続くスポーツクラブを作るために 今すぐ “法人格”を取得しよう!

法人格を取得するメリット・デメリットから疑問や悩みまで、スポーツマネジメントの専門家である著者がわかりやすく丁寧に答えた一冊。好評発売中!

「眼・術・戦」ヤット流ゲームメイクの極意

日本サッカー界最高峰の“頭脳”を持つ、国内屈指のプレーメーカー・遠藤保仁選手が自身のプレービジョンやサッカー観、戦術理論について語った一冊


ジュニアサッカー応援宣言
本サイトは、ジュニアサッカー(少年サッカー)の総合サイトです。最新サッカーニュース、クラブやサッカー少年団のチーム紹介、応援する人の疑問や悩みを解決するべくQ&Aのコミュニケーションなど、少年サッカー・少女サッカーに携わる、子供たちを温かい目で見守ってくれるお父さん、お母さん、献身的に指導する監督、コーチなど指導者……すべての人たちに役立つ情報をインターネットで提供し、みなさんとともにシーンを盛り上げていきたいと思います。
株式会社レッカ社/株式会社カンゼンが運営、情報提供をしております。All Rights Reserved.


トップページ > FC東京 石川直宏選手から学ぶドリブル上達の極意


FC東京 石川直宏選手から学ぶドリブル上達の極意





 

 

ドリブルがうまい選手は
自分のタイミングを持っている

 

――ドリブルを覚えたとして、試合でどう使ったらよいのでしょうか?


 そこは難しいですね。昔の自分を振り返ると、3・4年生くらいまでは相手が蹴ってこようがつなごうが、低い位置でカットしたとしてもそこからでもドリブルで行けという指導をされていたんですよ。相手ゴールまでの距離が長いから、効率で言えばパスを出したほうがいいんですが、個を鍛えるチームの方針でドリブルができるようになることを重視していたので。もう少し学年が上がればパスを覚えられるからと言われていたし、先輩の試合を観ているとパスを廻していたので、納得してドリブル優先でプレーしていました。4年生までじっくりドリブルに取り組んだあとで5・6年生を観るとやっぱり足元がものすごくうまい。3・4年生までにドリブルを覚えてからパスを習得すればいいと思っていました。
  今は個人技も組織的なサッカーも子どものときから憶えることが多くなってきていると思いますが、頭でっかちになって1対1のダイナミックさが失われるようだともったいない。戦術的に賢く、高い技術を持つ選手は多いんですが、ドリブルでガンガン行ける特徴のある選手が減ってきている気はします。ベースはやはり小学生年代でつくられるものなので。遊びの感覚で伸びのびやってよいと思います。組織的なことは嫌でも中学、高校でやりますからね(笑)。


――石川選手から見てドリブルがうまいなと思う子どもはどういった部分で感じますか?


 ちょっとしたところなんですけれど、自分のタイミングを持っている子ですね。ボールを半分うしろに置き、そこから体が先に抜け出てドリブルで勝つとか、前に出して早い段階でドリブルを仕掛けるとか。自分のタイミングで抜いているということは、相手が自分に合わせざるをえずに受け身になっているということなので、その時点で優位に立っていることになる。先手先手で仕掛けるのが大事で、自分の世界に引き込んだ時点で駆け引きはできていると思います。


(文●後藤勝)







石川直宏(いしかわ・なおひろ)

1981年5月12日、神奈川県横須賀市出身。FC東京所属。抜群のスピードを生かしたタテへの突破に、キレのあるドリブルとフェイントを駆使し自らも中央へ切り込んでゴールを狙う、日本屈指のサイドアタッカー。

 

  3―



ジュニアサッカーを応援しよう!Vol.28

『ジュニアサッカーを応援しよう!Vol.28』(3月6日発売)

【特別付録DVD】
●バルドラール浦安・稲葉洸太郎選手のフットサル流1対1攻略テクニック
●スティーブ先生の親子でできるファンクショナルトレーニング


「僕らがサッカーボーイズだった頃〜Jリーガーのジュニア時代〜」
今野泰幸(ガンバ大阪・日本代表)/柿谷曜一朗(セレッソ大阪)


【ジュニサカならではの育成コラムも満載】
●小澤一郎の育成指導を探る旅 第2回
●コーチング・サミット 第2回 勝利至上主義


特集1 「ドリブル」がうまくなる!!
―7つの最強メソッドで一気にレベルアップ―
●Jリーガーに聞く! ドリブル上達術 ◆石川直宏(FC東京)
●バルドラール浦安稲葉洸太郎選手のフットサル流1対1攻略テクニック
●亘コーチのドリブル基礎レッスン


特集2 新学期から始めるサッカー進路計画2013
●進路で大切な5つの条件 ジュニアユースチームの選び方 ◆池上正(京都サンガF.C.)
●1年間の流れがわかる、進路早見表
●Jクラブ、中学校、女子チーム…進路に関して直撃取材してきました





 

 

(13.02.22)