広告スペース

記事広告
トピックス
サッカーエンタメ最前線
春休み特集企画 親子で一緒にトレーニングしませんか?
100年続くスポーツクラブを作るために 今すぐ “法人格”を取得しよう!
亘崇詞コーチからの宿題コーナー
クーバーコーチングサッカースクール
Football Channelは12月15日kick off!
ファンプラス×ジュニアサッカーを応援しよう!
バルサ選手のジュニア時代

メッシ、イニエスタ、チャビなどバルサ選手の少年時代に迫った、息子たちの成功を陰で支えた親たちが語る知られざる家族の愛の物語。絶賛発売中!!

100年続くスポーツクラブを作るために 今すぐ “法人格”を取得しよう!

法人格を取得するメリット・デメリットから疑問や悩みまで、スポーツマネジメントの専門家である著者がわかりやすく丁寧に答えた一冊。好評発売中!

「眼・術・戦」ヤット流ゲームメイクの極意

日本サッカー界最高峰の“頭脳”を持つ、国内屈指のプレーメーカー・遠藤保仁選手が自身のプレービジョンやサッカー観、戦術理論について語った一冊


ジュニアサッカー応援宣言
本サイトは、ジュニアサッカー(少年サッカー)の総合サイトです。最新サッカーニュース、クラブやサッカー少年団のチーム紹介、応援する人の疑問や悩みを解決するべくQ&Aのコミュニケーションなど、少年サッカー・少女サッカーに携わる、子供たちを温かい目で見守ってくれるお父さん、お母さん、献身的に指導する監督、コーチなど指導者……すべての人たちに役立つ情報をインターネットで提供し、みなさんとともにシーンを盛り上げていきたいと思います。
株式会社レッカ社/株式会社カンゼンが運営、情報提供をしております。All Rights Reserved.


トップページ > サッカーエンタメ最前線 > 日本代表・内田篤人の信念と行動






海外で成功するには言葉の壁を破れ!

日本代表・内田篤人の信念と行動


 日本人サッカー選手が海外クラブチームの名門マンチェスター・ユナイテッドやインテルなどで第一線で活躍している。10月23日(火)に発売した『フットボールサミット第9回』では、香川真司選手を中心に海外で活躍している選手の現在の状況を掲載している。

 サッカーエンタメ最前線では、2週にわたり『フットボールサミット第9回』をピックアップ。今回はドイツの名門、FCシャルケ04の内田篤人選手が海外で成功したことについてミムラユウスケ氏のコラムを一部紹介する。ドイツに渡った当初、内田選手がまず最初に取った行動とは……?

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

ノートでコミュニケーション

フットボールサミット第9回
10月23日発売の『フットボールサミット第9回』(カンゼン刊)

 

 内田篤人が海外のクラブで成功をおさめることが出来たのは、日本とは違う環境であることを当たり前のこととして受け入れたからだろう。


 その現実を受け入れた上で、自らに何が出来るのかを考えていく。そこには、海外だから思うようにいかないという苛立ちも存在しなければ、戸惑いもない。問題が生じれば、それが海外でプレーするということなのだと考え、問題が生じたことを嘆くことなく、問題を解決することに全力を注ぐ。日本人選手の中には問題を解決する前の段階で、思考がストップしてしまう者も少なくないのだが、内田にはそんな無駄な時間がないのである。


 海外でプレーする上で最初に直面するのは、言葉の違いである。


 ブンデスリーガの場合、基本的にはドイツ語でコミュニケーションがとられる。内田が所属するシャルケは、在籍する25名中15名をドイツ国外の選手が占めており、英語が使われることも多いのだが、いずれにせよ日本人から見れば外国語であることに変わりはない。言葉ができなければ、日本でプレーしていたころのようにコミュニケーションをとることは不可能だ。そうした状況に嘆いたり、怒りを覚えてしまう選手もいるだろう。しかし、内田の場合は言葉が思うように伝わらないことは、トランプにおけるルールのようなものだと認識していて、そこからいかにして進んでいけば良いのかを 考えるのである。


 まず、内田の特徴として第一に挙げられるのは、伝えなければならないことは、どのような手段を使ってでも伝えるということ。


 彼のポジションはサイドバック。つまり、ディフェンスである。そのプレー間では失点に直結してしまうポジションだ。そして、ディフェンスであるからこそ、個人の力ではなく、チームとして連携をとらなければいけない場面がある。加入当初の内田は、そんなチームとしての守備の約束事について、疑問を抱くことがあった。しかしながら、言葉は全くと言っていいほど通じない。内田が用意したのは、一冊のまっさらなノートだった。


 

※『フットボールサミット第9回』P28-39より一部抜粋(文●ミムラユウスケ)

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 内田選手が最初に考えたことは、伝えなければいけないことをどのような手段を使ってでも伝えることだと考えた。海外で成功するためには、「言葉の壁」を越えなければいけない。無理だと諦めてしまったり、悩んだりする時間を過ごすよりも、内田選手はノートを手に取った。ノートをどのように使っていったかというのは『フットボールサミット第9回』にエピソードも含め掲載されている。

 

『フットボールサミット第9回』の購入はコチラから



<関連リンク>

・マンチェスター・ユナイテッド香川真司の 現地メディアの評価

内田篤人選手の高校進学における覚悟

情熱的な男・川島永嗣から見た内田篤人

吉田麻也が語る「内田篤人が愛される理由」


Football Channel

コメントで迫る内田篤人【フットボールサミット第10回】

内田篤人の流儀―内田篤人が海外のクラブで成功を収めた理由(前編)【フットボールサミット第9回】

内田篤人の流儀―内田篤人が海外のクラブで成功を収めた理由(後編)【フットボールサミット第9回】

クールな内田篤人を心理学者が分析【フットボールサミット第10回】

ファン座談会!! ウッチーにハマる理由【フットボールサミット第10回】

なぜ内田篤人は高卒1年目で鹿島のスタメンを勝ち取れたのか?

『フットボールサミット第9回』

『フットボールサミット第10回』




 

サッカーエンタメ最前線【記事一覧】に戻る>>

 

(12.11.30)